ホテルに泊まる鹿児島県といえば皆さんご存知なのが薩摩藩の西郷隆盛です。西南戦争で名前を知る人が多いはずです。世界遺産の屋久島や桜島の噴火を聞いたことがあるはずです。鹿児島中央駅は、鹿児島県の県庁所在地である鹿児島市の中央にあたり九州新幹線のターミナル駅として位置しています。また平成26年には鹿児島県の主要3都市を結ぶ高速道路も開通しています。鹿児島中央駅の近くにある鹿児島東急REIホテルとソラリア西鉄ホテル鹿児島について説明します。

鹿児島東急REIホテルは、東急ホテルズの一員です。10階建てで、2階と3階が大宴会場、3階に結婚式場、4階から10階が客室になっております。立体駐車場を完備し多くのお客様を迎えます。ソラリア西鉄ホテル鹿児島は、西鉄ホテルグループの一員です。平成24年5月に15号店として開業しました。宿泊型滞在ホテルをメインにしています。地下1階と1階がエントランスホールで、7階にレストランと貸しホールがあります。8階から14階は客室です。駐車場は近くの場所に提携駐車場があります。

このように鹿児島中央駅周辺には東急ホテルズと西鉄ホテルグループがあります。その他、JR九州ホテル鹿児島のJR、シルクイン鹿児島、東横INN鹿児島中央駅西口の東横INN、ホテルガストフ、アパホテル鹿児島中央駅前のアパホテル、ホテルアービック鹿児島とあります。2つのホテルの概観を紹介しただけでも個性があります。鹿児島東急REIホテルとソラリア西鉄ホテル鹿児島を深めていきます。